何に役立つのか? | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2016年 11月 29日 何に役立つのか?

先週から授業やゼミなどの紹介をやっています。

今回は大木が担当したいと思います。

 

いま僕が所属しているのは、主に統計的手法を学ぶゼミです。

統計と聞くとなんだか難しいもののように感じますが、とても身近にあるものです!

 

例えばテストの平均点、国勢調査などなどです。

データを整理し、ある一定のばらつき具合や傾向を見つけるものが統計です。

 

ではこれが何の役に立つのでしょうか?

 

例えば、車を販売する企業の営業部に勤務していると仮定しましょう。

 

あなただったらやみくもに営業しますか?

どんなに優れた営業トークを持っていても、やみくもにやっては労力が足りません。

 

では最初に、

①どんな価格帯の車がどんな収入を持つ人に売れているのか、を調べてみましょう。

700万円する高級車が、年収1000万円以上の人に売れている!

ファミリー層にはワゴン車が売れている!

次に

②高所得、ファミリー層はどこに住んでいるのか、調べます。

 

この二つが分かれば、効率よく車の販売に行くことができます。

これが統計です。

 

統計という学問は、理系の人はもちろん、文系の人であっても今後の将来に大きく役立つものです!

 

僕も文系なので、数学には苦手意識がありますが、何に使えるかを考えれば積極的に学ぶことができます!

 

苦手だからやらないのではなく、何に役立つかについて考えると、視野もきっと広がるはずです。