夏休に必要な学習時間とは? | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2019年 7月 21日 夏休に必要な学習時間とは?

こんにちは!

明日から夏休みに入る中学・高校も多いのではないでしょうか。

 

学校が終わった解放感で、まだ夏の学習計画を立てていない人もいると思います。そこで本日は、夏休みに取るべき学習時間についてお話しようと思います。どの学年にも知っておいてほしいことなので、受験生でない人も読んでみてください!

 

わたしたちは普段、「受験生は1日15時間勉強しよう」と言っています。

具体的にはこんな感じです。

 

ハードですね。でも、受験生になると平均8時間17分は勉強するというデータが出ています(TOSHIN TIMES8月号)。周りと差をつけるため、遅れを取り戻すためには、それだけの時間を勉強に費やす必要があります。

 

もちろん、将来や大学につながる体験(OCやワークショップ等)へは、ぜひ参加してきてください!志を深めたら、さらに勉強への意欲が湧くはずです。

 

1日15時間勉強すれば、夏休みの40日間で600時間の学習することになります。

 

では、低学年のみなさんに必要な学習時間はどれほどでしょうか。

 

TOSHIN TIMES8月号によれば、夏休みの学習時間の平均は以下の通りです。

・高1生⇒2時間23分

・高2生⇒4時間22分

これが最低ラインです。

 

受験生のように1日15時間勉強すれば、他の人を大きくリードすることはできますが、低学年には地域での体験や読書、留学など、時間があるからこそできることも積極的にやってほしいです。そうした文化的な体験は、学力にも大きく影響すると大学の授業で学びました。

 

とはいえ、受験生になれば当然みんな頑張ります。

さらに1.2時間増やすだけでも、志望校合格に近づくことができるのは間違いありません。

意識的に学習時間を増やしてみましょう!

 

最後に、ここまで話しておいてなんですが、重要なのは時間ではありません。

もちろん時間は重要ですが、「何のための時間か」ということがより重要です。

 

志望校に向けて必要な学習内容を明確にし、それに必要な時間がこの夏にとるべき学習時間です。

 

そのためには、「自分が本当に学びたいこと」「それができる環境(大学)」を知る必要があります。興味のあることがなければ、頑張ることもできません。

 

でも、「どうやって志望校を探せばいいか分からない!」「先のこと過ぎて…」という人は、

8月に大学学部研究会もあるので、ぜひ参加してみてください!

 

大学学部研究会についてはこちらにもまとめてあります。

カテゴリ