建築材料学って、知ってますか? | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2016年 11月 24日 建築材料学って、知ってますか?

今日から1週間、私たち担任助手からそれぞれのゼミや大学についての紹介をお送りします!

皆さんの夢や志望校決定の手助けになればと思っています♪

 

 

最初に担当します、髙木です( *ˆˆ* )

私からは、自分が所属している研究室について紹介したいと思います!

 

私は現在、大学4年で建築を専攻しており、

『建築材料学』の研究室に所属しています!

 

高校生の皆さんで、建築学科の研究室に『材料学』という分野があるなんて知っている方は、おそらくいないでしょう。私も受験生の頃はもちろん知りませんでした。笑

 

かなり範囲の狭い分野のように思えるかもしれませんが、研究内容は様々で、

建築材料の物理的な性質(強度、特性など)に着目して実験を重ねるものもあれば、

「見た目」に着目して様々な条件での印象を評価するようなものもあります。

建築と言えば物理の力学などが関係するように思えますが、私の研究室では化学統計学の知識も使ったりします!もちろん英語の論文を読むこともあるので、英語も必要です。

私は今、ALCというコンクリートの一種の耐火性能に関して、実験を通して研究を進めています。

 

研究についてはこれくらいにしておいて、ここからは高校生の皆さんに向けてメッセージを送りたいと思います。

 

私が大学に入学して思ったことは、一つの学科でも詳しく見てみるとかなり多くの専門分野があるということです。

建築学科って、設計くらいしかないと思っていましたが、実際には構造であったり環境・設備であったり、関連分野では都市計画などもあり、とっても幅の広いものでした。

社会学のような、文系の分野から建築にアプローチするものもありますよ!本当に奥が深いです。

 

まだ明確に志望校が決まっていない人も、まずは最低限必要な勉強を進めていきましょう。その中で自分の興味・関心に気づき、そこから進路が広げられるはずです。

 

今、明確に夢や志望校が決まっている人も、大学に入ってみたら新たな視点が見つかるかもしれませんね!

 

 

カテゴリ