志望校の過去問はどれだけ解けばいいの? | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2018年 9月 19日 志望校の過去問はどれだけ解けばいいの?


こんにちは!今日のブログは私、伊藤が担当いたします。

 

さて、2018年の夏の猛暑も過ぎ去り、次のセンター試験まであと120日となりましたが、皆さん、過去問はどれだけ解いていますか?

 

「まだ基礎を固めている段階なので、解いていません」という人は、取り組み始めるのが遅いです。いつまでに基礎を固めるのか決めた上で、早急に過去問に取り組みましょう。

 

特にセンター試験を利用する受験生は、この時期にはセンターの過去問10年分を終わらせ、志望大学の個別対策に入っている必要があります。

 

「志望校の赤本1冊解くだけならセンター試験の後で始めれば間に合う」と思う人もいるかもしれませんが、それだけでは志望校の対策としては不十分です。

 

では、一体どれ程の過去問を解けばよいのでしょうか?

 

志望校合格のためには、10年分の過去問を3周することが必要になってきます。

1周目で出題傾向や時間感覚を掴み、2周目で時間内に正確な答案を書けるようにし、さらに3周目は実際の試験時間よりも短い時間内で解ききるようにする、というのが流れになります。

 

さらに、志望校以外にも併願校の過去問も解いていく必要があります。そう考えると、センター試験の後から過去問を解き始めたのでは、時間が足りないので、今から始める必要があるのです。

 

志望校合格のために、センター試験本番までの120日間で、センター過去問10年分と志望校の過去問10年分3周を解ききる計画を立てましょう。

 

国公立大学を志望している生徒には、「国公立次対策過去問演習講座」がおススメです。国公立の二次試験は記述問題が多く、過去問を解いても、自力で採点するのは難しいですよね。「国公立次対策過去問演習講座」であれば、対象の大学の過去問の答案を、専門のスタッフが添削してくれるので、どのような解答だと点を取れるのか、どのようなポイントで減点されるのかが分かり、正確な答案を書く練習ができます。さらに、過去問が10年分収録されているので、赤本を複数冊揃える手間もかかりません。詳しくは、在宅受講コースまでお問い合わせください!

 

カテゴリ