模試で分析 | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2016年 5月 4日 模試で分析

昨日は模試の優先順位について話したと思います。

 

では、今日は模試がどう役に立つのか、どう分析するかについて考えていきましょう。

 

解けなかった問題をタイプごとに分類すると、自分の現時点での立ち位置が把握できます。

 

主なパターンは

1、見たことある形式だったが解けなかった

2、初めて見る形式だった

の二つでしょう。

 

それぞれ詳しく見ていきましょう

では解法を忘れていた、形式に慣れてなかった、基礎事項を忘れていて解けなかった等の理由が考えられます。

 

改善点としては何が考えられますか?

これは演習量が足りていないことから起きたことだと思います。

同じ形式の問題を繰り返し解いていくことで大きく改善できていくでしょう。

 

ではは?

これは思考力がまだまだ足りていないということだと思います。

これまでに習った知識で解ける問題なので、徹底した演習を通してついてくる力だと思います。

 

改善点が分かったらその通り勉強していきます。

そして、次の模試でその方法がうまくいったか確認します。

 

これを繰り返していけば、ものすごく点数が伸びると思いません!?!?!?!?

 

模試をただ受け、結果に一喜一憂するだけではなく、次に活かせるようにしていきましょう!