私の大学の授業紹介 | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2017年 11月 7日 私の大学の授業紹介


こんにちは!

本日のブログは岡野が担当します!

 

さて、もう11月ですね。今年も残り少なくなってきました。

受験生の皆さんは、志望校対策講座を申し込んだ人は受講をしたり、過去問演習に励んでいることかと思います。

センター試験まで残り時間も少なくなってきました。

悔いの残らないよう全力で頑張りましょう!

 

前置きが長くなってしまいましたが、本日のテーマは「大学の授業紹介」です!

 

私は初等教育学科で学んでいるので、前期(1学期)では国語算数など

基礎的な知識を養う授業が中心でした。

そして後期(2学期)は、前期で勉強した国語や算数を今度は教師の立場になって教える「初等国語科指導法」、「初等算数科指導法」などの授業が始まっています。

 

指導法の授業では、「指導案」という授業計画や子供たちに教えたいこと、ねらい、板書計画を書いたり、自分たちで単元や教材を選んで実際に模擬授業を行ったりします!

 

私は今月中旬に「初等国語科指導法」で、小学校4年生で習う物語教材を使って模擬授業をします。

 

子供の立場で受ける授業は「先生、こんなこともできないの~?」と思ってしまうようなことも、教師の立場になってみると、なるべく簡潔に分かりやすく伝えるためには?

黒板はこれで見やすいだろうか? 指示は通っているのだろうか?など色々な事を考えながら、先生は授業をしているのだなと身に染みて感じています。

 

将来教育系に進みたいと考えている人は是非参考にしてみて下さい!

 

私の大学では、1年生から専門的な授業が入ってきていますが

大学によっては、1、2年生は一般教養で3年生から専門的な授業が入ってくる大学もあると思うので、自分の受けたい大学は、どうなのかをしっかりと調べておくことが大切です!

 

 

 

カテゴリ