語学学習 | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2017年 6月 25日 語学学習

 

昨日は、岡野先生が「高速基礎マスター講座 修得会」についてお話してくれましたね。

私は日曜日のチームを担当しているのですが、水曜チームにも負けず、みなさんよく頑張っています!概要はこれまでもお話してきましたし、昨日岡野先生が進捗を報告してくれたので、私からは「語学学習」というテーマでお話させていただきます。

 

は大学で、フランス語を必修で学んでいます。1年生の頃は毎週6コマ語学の授業があり、高校の授業とは比にならないスピードで、授業が進んでいきました。学習法自体は、受験勉強の英語と大きく変わりませんが、あまりに膨大な量に、とても苦労したのを覚えています。というのも、フランス語は人称代名詞や時間軸によって動詞の活用が大きく変わったり、ほぼ全ての名詞が男性形、女性形に分かれ、それによって前後の言葉の形が変形するという複雑な言語です(なんでこの学科を選んだんだ私…)。

 

の授業や課題もある中で、膨大な量の暗記をこなさなければならず、とにかく時間が無かったです。分からないところはさっさと見切りをつけて、先生に聞くようにしていました。例えば文法だと、授業で習ったルールやニュアンスに当てはまらないものは印をつけて質問リストに入れ、次回教えてもらう機会に即解決できるようまとめていました。みなさんの場合、これはバックアップサービスでできますね!

 

ストでは、それまで扱ったもの全てが範囲だったので、とても大変でした。上に書いた通り、分からないことはまとめ、3日以内には解決していたので、テスト前は名詞の性・数や、動詞活用の暗記に大部分の時間を割きました。テスト前の2週間は、とても鍛えられたなと感じています。短期間集中で繰り返し行ったおかげで、量をカバーでき、記憶にものこすことができました。これは英語学習でも同じで、文法等ある程度の決まりごとは、授業に集中すれば理解でき、頭にも入ってきます。ですが、単語や熟語が分からなければ、文は読めません。ということは、文法だけ時間をかけてやっても、問題は解けないわけです。文法も単語熟語も、期間を設定して一気に仕上げ、どれだけ繰り返すことができるかということが得点アップにつながります。受講中のみなさんも、①短期集中で終えること、②分からないことは3日で解決、③繰り返すことを意識して頑張ってくださいね!

                                              

 

カテゴリ