過去問演習講座の特徴 | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2016年 9月 7日 過去問演習講座の特徴

5日、6日と過去問演習についての話をしました。

その中で、“過去問演習講座”がキーワードとして出ていますね。

今日はその過去問演習講座がどんなものか、説明したいと思います。

今日の担当は大木です。

 

過去問演習の大きな特徴は三つあります。

一つ目は演習量と採点・添削指導です。

10年分の問題を解いてもらい、大学の傾向を知り、対策を立てていきます。

特に国公立大学の入試では記述がメインです。

そのため、国公立対策の過去問演習講座では添削指導を行います。

 

二つ目は再添削指導です。

度添削され、復習するだけでは、完全答案“は作れません。

最大3回まで添削の提出は可能なので、満点が取れるまで出し、得点力を高めていきます!

 

三つ目は最新510年分の徹底解説授業です。

解説授業がついているため、ただの答え合わせだけでは終わりません!!

 

解き方、考え方にも焦点をあて、入試本番に備えた思考力を育成します!

 

 

以上が大きな過去問演習講座の特徴です!

センター模試で8割以上の科目があり、ある程度センターレベルは固まったという方は、この9月から、過去問に取り組んでいきましょう!