イメージ記憶を勉強に活用しよう | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2015年 12月 24日 イメージ記憶を勉強に活用しよう

クリスマスイヴになりましたね!12月って本当にイベントが盛りだくさんですよね。大晦日があったと思ったら、すぐにお正月が来たりと楽しくも忙しい日々が続きます。今回は大木先生から引き継ぎまして、眼鏡をかけないとイルミネーションがぼやけて視界が大変なことになる小澤がお話していきたいと思います!

 

さて、前回イメージ記憶の話を大木先生からしてもらいましたが、今回はそれを勉強に活用する話をしたいと思います。突然ですが皆さん、これって前に解いた問題と似ているのでは?と思ったことはないでしょうか。特に数学などでは、数字が違うだけで問題の形式が全く同じだってこともあります。これも前回のイメージ記憶と同じことなのです。問題が出てきたとき、パッと解き方が頭に浮かんで来れば、かなり時間を短縮して解答していくことができます。問題に対する形式のイメージ、解き方のイメージというものは大量の問題演習をこなすことによって身に着けることができ、正しい解き方を記憶できていればすばやく正確に問題を解くことができます!

 

センター試験まで日にちが迫ってきた直前期だからこそ、大量に問題をこなしておく必要があります。本番はやはり緊張してしまうもので、焦りが生じてしまいます。そんなときだからこそ、イメージ記憶を使って問題が解ければかなりリラックスできますし、時間的にもプレッシャーが軽減されてくると思います!今からでも問題演習に取りくんで、本番に向けての準備を進めていきましょう!!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

自宅のパソコンで難関大現役合格!早期にスタートしよう!

フリーダイアル 0120-531-104 (10:00~21:00:年中無休)

在宅受講コースのパンフレットをお届けします。資料請求

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

過去の記事

カテゴリ