センター試験の過去問演習 | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2015年 5月 8日 センター試験の過去問演習

こんにちは、担任助手の藤田です。

今日は、センター試験の過去問演習についてお話しします。

過去問演習は、センター試験に限らず10年分を3周繰り返しましょう!

 

1周目は、まず解きます。そしてレベルと問題傾向を実感してください。

1周目の数年分はなかなか点数が伸びないこともあるかもしれませんが、徐々に慣れていきます!10年分を1周やりきった時には、問題傾向はかなりつかめてくると思います。

 

2周目は、時間配分を修正して再演習をします。

1周目で問題の傾向が分かっていると思いますので、その分析をもとにどのような時間配分で解いていくかという点に注意しながら解いていきます。

この練習によって、制限時間内に全て問題を解けるようになっていくことでしょう。

 

3周目は、制限時間を短くしてさらに演習をします。

2周目で時間配分をつかめたと思うので、計算時間は短く、早く解く練習をしていきます。

実際の試験では、焦りも出てくるかもしれません。制限時間よりも早めに解き終わるように練習をしておくことが重要になります。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

自宅のパソコンで難関大現役合格!新学年になる前にスタートしよう!

 

フリーダイアル 0120-531-104 (10:00~21:00:年中無休)

 

在宅受講コースのパンフレットをお届けします。資料請求

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

過去の記事

カテゴリ