センター過去問演習講座で出来ること | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2015年 6月 18日 センター過去問演習講座で出来ること

皆さんこんにちは!担任助手の藤田です。

本日は、東進のセンターの過去問演習講座についてお話していきたいと思います!

 

6月に入り、センターの過去問演習に取り組み始めている人も多く出てきましたね!

そこでですが、皆さんなぜセンターの過去問演習を行っているか理解していますか?

せっかくやるならセンターの過去問演習を行う意味をしっかり理解した上で

しっかり組んでいきたいですよね!

是非今日の話を今後の勉強に活かしていってください!

 

 

まず、東進の過去問演習講座は解説授業があります!

この授業は、書画カメラという特殊なカメラを使って授業が作られているので、先生の手元(問題文)を見ながら文の意味や構造、選択肢の選び方・切り方を教わることが出来ます。先生の考え方そのものを、実践的に演習しているセンターでも学べるいいチャンスなのです!

また、書店で過去問を購入し、自分で問題を解いて解説を読むより、

この授業を受けることで、分からなかった問題はもちろん、

なんとなく解けた問題もより深く理解度を高めることができます!

 

解説授業をまだ見たことがなく、どのようなものかわからないという人は、

毎月行われている模試でも解説授業が公開されているので、今日にでも受講の申請をし、

見てみて下さい!

 

 

 

2つ目に、東進の過去問演習講座は、10年分の本試に加え、5年分の追試を行うことが出来ます!

さらに、過去問だけではなく、東進模試の過去問で大問別、分野別の演習も行えるため、

自分が苦手としている大問だけや苦手分野だけ演習を行い、効率よく弱点補強をすることが出来ます。

 

3つ目に、時間制限短縮機能を使うことにより、本番の試験時間の80%の時間で解けきるように訓練することが出来ます。

模試を解いていて、時間が足りなくて…とか、

模試で解けなかったところを解いたときは正解するんですけど…という人はいないですか?

そんな人は人一倍時間に対して敏感になり、早く解けるように練習する必要があります。

この機能を使うことで、最大60%の時間で解けるようにすることが出来るんです。

 

本番は何があるかわかりません。緊張でおなかが痛くなったり、隣の人が貧乏ゆすりしていて集中できない…真後ろにストーブがあり、熱くてなかなか集中できず、いつも通りに出来なかったり…こんなことは稀なことではなく、ごく普通にあり得ることです!

 

そんな中で、いかにいつも通りに試験を解ききるかは訓練次第だと思うので

是非この過去問演習講座をフル活用して行って下さい!


 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

自宅のパソコンで難関大現役合格!新学年になる前にスタートしよう!

 

フリーダイアル 0120-531-104 (10:00~21:00:年中無休)

 

在宅受講コースのパンフレットをお届けします。資料請求

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

過去の記事

カテゴリ