受験で実際にあったトラブル | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2015年 4月 18日 受験で実際にあったトラブル

こんにちは、担任助手の岸本です。

今回は本番の試験で実際にあったトラブルです。

①   試験会場が分からない・場所を間違えた

普段いかない場所がほとんどだと思うので、下見は確実に行いましょう

②   集合時間を間違えた・遅刻した

時間は必ず確認し、当日の交通の状況も踏まえて出発しましょう

③   受験票を忘れた

私も高校2年生の時、センターの同日受験で実際に受験票を忘れました。

気づいたのが早かったので事なきを得ましたが、気を付けましょう。

④   時計・筆記用具等、受験に必要なものを忘れた

受験票も含めて、前日に必ず確認しましょう。時間が分からないといつも通りの十分な力を発揮できないので、やはり時計も大切です。

⑤   テスト中に電話が鳴った

必ず電源をOFFにしましょう。

⑥   英文や地図がプリントされた服を注意された

英文は割と気を付けるかもしれませんが、地図は意外と盲点かもしれません。気を付けましょう。

⑦   数学ⅠAを解くべきなのに、数学Ⅰを解いてしまった

自分が解くべき問題を把握して、解答用紙のマークする項目もよく見ましょう。

 

本番も落ち着いて受験できるように、普段の模試から意識するようにしましょう!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

自宅のパソコンで難関大現役合格!新学年になる前にスタートしよう!

 

フリーダイアル 0120-531-104 (10:00~21:00:年中無休)

 

在宅受講コースのパンフレットをお届けします資料請求

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

過去の記事

カテゴリ