基礎学力をつけるためには? | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2015年 2月 17日 基礎学力をつけるためには?

担任助手の大久保です。

 

前回の話をまとめると、「8月末までに学習範囲を修了、9月以降は過去問・志望校対策をやる」ということでしたね。

 

さて、今回はそれを踏まえて今の時期にどのような勉強をしていけばいいのかお話しします。

 

 

今やるべきなのは、基礎学力の早期修得です!

 

高速基礎マスターの文法750を早く終わらせていた人ほど、全国統一高校生テストの英語の得点が高かったというデータがあります。

 

高2(新高3)の3月末までに英文法750を修得していれば、

センター形式の問題で英語8割以上をとることができます!

 

逆に、基礎の完成がおくれると、点数ものびなやんでしまうということです。

 

3月末までにしっかりと基礎学力を修得すること!

 

これがとても大事になってきます。

 

 

 

では、基礎学力をつけるためにはどうすればよいのでしょうか。

 

それは、受講基礎知識の暗記です!

この2つは基礎学力強化における、車の両輪だと考えてください。

 

受講によって概念を理解したり、問題演習をしたりすること。

そして、高速マスターで単語・熟語など基本的な暗記事項を覚えること。

 

これらが重要ですので、定期テストの前でも、受講と高速マスターを並行して続けましょう!

まとめると、2年生の3月末までに基礎力を修得すること、そのために受講と高速マスターを進めることが大事だということですね!

 

 

 

次回は基礎力を付けたうえで、高得点をとるために必要なことについてお話します。

 

お楽しみに!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

自宅のパソコンで難関大現役合格!新学年になる前にスタートしよう!

 

フリーダイアル 0120-531-104 (10:00~21:00:年中無休)

 

在宅受講コースのパンフレットをお届けします。資料請求

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

過去の記事

カテゴリ