大学入試は1点が合否を分ける | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2015年 9月 11日 大学入試は1点が合否を分ける

こんにちは、担任助手の梶江です。

今回は一点の大切さについてお話ししたいと思います。

 

まず、下記の画像を見てください。Aさんはわずか、2.3点足りずに東京大学を不合格になっています。これ見て皆さんはどのように感じますか?こうなりたい人なんていないと思います。ならないためにはなぜAさんがこのような結果になってしまったのかを考える必要があります。

 

以前に話した過去問演習講座の学習サイクルが大きく関係してきます。内容を覚えていない人は前回のブログを確認してくださいね。完ぺき答案を作れるようにしようとお話しました。ここで重要なのは、わかると書けるは違うということです。実際わかったつもりでもいざ問題を解いてみるとできてなかったりすることがよくあります。これをなくすために完ぺきな答案を自分自身に力で解くことが必要なのです。

 

特に東大は減点法を使われているので少しのミスが大きく合否に影響が出ます。どれだけ無駄なミスを少なくするかが合格への近道でしょう。無駄なミスとは知識はあるのに減点されるということです。それをなくすために完ぺきな答案を作る訓練をたくさんして行こう。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

自宅のパソコンで難関大現役合格!夏休み中にスタートしよう!

 

フリーダイアル 0120-531-104 (10:00~21:00:年中無休)

 

在宅受講コースのパンフレットをお届けします。資料請求

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

過去の記事

カテゴリ