社会調査法 | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2015年 12月 6日 社会調査法

日曜日は大学紹介の日です!

 

ということで、今日は明治大学経営学部について大木が紹介していきたいと思います。

 

 

今回はある授業を紹介したいと思います。

それは社会調査法という授業です。

 

授業名だけ見るとなんだか難しそうな印象ですが、個人的には一番面白い授業です!!

 

具体的に何を学ぶかというと、社会学における調査の方法を学びます。

つまり、なぜ近年人は結婚しないのか?や、自殺率が上昇するのはなぜか?という問いに対し、さまざまなデータを収集しながら、結論を出していく授業です。

 

またそれだけでなく、社会の調査、例えばアンケートなどの正しいやり方、母集団からの適切な抽出方法なども学びます。

 

アンケートを皆さん人生でたくさん受けてきたと思います。

そのアンケートを思い出してください。

中には答えを誘導するような質問や選択肢がありませんか?

アンケートを出す側にとって都合の良い結果が出るよう、誘導することも多々あるそうです。

余談ですが、ある事柄について賛成か、反対か、どちらともいえないかと聞くと、日本人はどちらともいえないと大多数の人が答えるそうです。

 

などなど、今まで受けてきたアンケートなどの本質がかなりわかってきます。

 

経営学部なのにこんなこと学ぶのかという方もいるでしょうが、知識はどこで役に立つか分かりません。

しかし、会社でマーケティング担当になったら、消費者アンケートなどのデータを参考に戦略を立てていくでしょう。

 

知識はどんどん獲得していった方が、仕事の幅もやり方も大きく変わりそうですね。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

自宅のパソコンで難関大現役合格!早期にスタートしよう!

フリーダイアル 0120-531-104 (10:00~21:00:年中無休)

在宅受講コースのパンフレットをお届けします。資料請求

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

過去の記事

カテゴリ