良い解答の作り方について | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2015年 12月 29日 良い解答の作り方について

2015年残すところあと3日になりました!!皆さん今年やり残したことはありませんか?あと3日あるので悔いの無いよう残りの2015年過ごしていきましょう!!

 

また、前回は1月のセンター試験本番に備えて過去問演習の活用方法を話していきました。

今回は過去問演習の解答の作り方について話していこうと思います。

 

皆さんは、過去問を解くときに解答の書き方で気を付けていることはありますか?

解答にも2パターンあり、良い解答と悪い解答があります。

 

下図を見ると分かる通り、良い例はきちんと問題の指示に従って解答がなされていますね。

しかし悪い例を取り上げると、良い例とは違い少し雑で、問題の指示にも従ってないことが分かります。

 

こんな些細なことだからこそ、日頃から訓練しておかなければならないのです!!

なぜなら、本番の緊張している時に意識がまわらなくなるからです!

 

受験まで残りわずかとなってきたので皆さんにはこのような些細な部分を意識して

過去問演習に取り組んでもらいたいと思います!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

自宅のパソコンで難関大現役合格!早期にスタートしよう!

 

フリーダイアル 0120-531-104 (10:00~21:00:年中無休)

 

在宅受講コースのパンフレットをお届けします。資料請求

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

過去の記事

カテゴリ