視野の大切さ | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2015年 12月 8日 視野の大切さ

2015年が終わりに近づき、またゆく年くる年を見るときがくるんだなぁ…とか考えている担任助手の小澤です!

1年って本当に短いですね。うっかりしていると時間がどんどん過ぎていきます。やるべきことをやり切れるように時間は本当に大切にしましょう!

 

で は今回は視野についてのお話しをしたいと思います!突然ですが、私はブラインドタッチというものを練習しています。キーボードを見ないで文字を打つアレで すね。今から試しに画面だけ見て「寒い日が続いていますね」と打ってみたいと思います。      「寒い日がつづいていmすべ」

途中まで惜しかったですね。優しい人ならなんとか意味を汲み取ってもらえるレベルでしょうか(笑)最後はなんか訛りみたいになってしまいました。

 

はい、見えていないとこうなります。視野はすごい大切なんですね。いや別にブラインドタッチは悪くありませんよ?むしろできると何かと便利なので、皆さんできるようになりましょう。

キーボードの話で視野の大切さが伝えられたところで、勉強における視野の話に移ります。勉強でも視野が狭いと苦労することが多いです。例えば数学。問題によっては解法がいくつかあったりします。Aの解法よりBの解法の方が速く解けるといったことも珍しくありません。そのような時に、Aの解法しか知らなかったらどうでしょうか?短縮できるはずの時間が短縮できず、果てにはタイムオーバーなんてこともあり得ます。ですが、ここで視野を広げてBまで知っていればそのような悲しい結果にはなりませんでしたね。

 

これはあくまで一例ですが、他の教科にも同じようなことが言えると思います。視野と一口にいってもいろんな意味で取れます。焦って狭い世界しか見ていませんか?センター当日、緊張のあまり数学ⅠとⅠAを間違えないようにしてくださいね!(笑)この間違えは受験生の定番ミスです。(笑)とか付けましたが実際やっちゃうと真面目に笑えないことになってしまうので本当に注意しましょう。落ち着いて視野を広く持ってこれからも頑張りましょう!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

自宅のパソコンで難関大現役合格!早期にスタートしよう!

 

フリーダイアル 0120-531-104 (10:00~21:00:年中無休)

 

在宅受講コースのパンフレットをお届けします。資料請求

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

過去の記事

カテゴリ