高1高2の勉強が合否に影響します | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2015年 9月 2日 高1高2の勉強が合否に影響します

こんにちは!担任助手の小澤です!

今回は大学合格にむけてこの時期に必要なことについて紹介してきたいと思います!

 

突然ですが、大学の合否は高1高2の成績で決まります。下の図を見てもらうと、東進における学習の流れはこのようになっていることが確認できると思います。11月からは高3の範囲が始まっていくことになります!ということは、10月までに通期と夏期講習の講座は終了していなければなりません!高3になると、センター対策、志望校別対策と いったものをやっていくことになります。これらは特に時間がかかります。高2までにやるべき範囲が終わっていないと、高3に食い込み、高3でやるべき範囲 がどんどん後ろに引き伸ばされてしまいます!そうなってしまうと、センターと二次の対策が十分にこなすことができないまま本番に挑まなければなりません。

 

このような状況にならないために、2学期の勉強に力を入れてほしいのです!!「夏休み明けだから」という言い訳をしている場合ではありません!!高3になってから頑張るのではなく、この瞬間から危機感を持って勉強に取り組んでください!高1生も同じです!やるべき勉強を後伸ばしにしないように頑張っていきましょう!!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

自宅のパソコンで難関大現役合格!夏休み中にスタートしよう!

 

フリーダイアル 0120-531-104 (10:00~21:00:年中無休)

 

在宅受講コースのパンフレットをお届けします。資料請求

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

過去の記事

カテゴリ