2020年 推薦合格体験記-津田塾大学 | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2019年 11月 30日 2020年 推薦合格体験記-津田塾大学

津田塾大学 学芸学部 国際関係学科に合格した

 

松尾知優さんをご紹介します!

 

 

■在宅受講コースを選んだ理由は?

近くに校舎がなかったことに加えて、所属していたフェンシング部では、不定期の大会も多く、かなり忙しかったからです。自分のペースで受講できるところを探していました。

 

■学校の授業と部活、東進をどのように両立した?

正直、常に両立できていたわけではありません。特に去年の夏は、部活で青森→愛知→仙台→東京と各地を飛び回っていました。それでも、自宅にいる時は、「勉強しよう」という意識を持っていました。コーチングタイム(詳細はこちら)で立てた受講計画も役に立ちました。

 

知優さんほど忙しいと、実際、両立は難しいですよね。しかし、これだけ部活に打ち込んだからこそ、同じ熱量で受験勉強に取り組めたんですね!

 

■なんで英語を受講?

英語が好きで、昨年のGlobal English Camp(参加体験記はこちら)に参加して、伸ばしたいと感じたからです。海外の方との会話や英語での発表を通して、「もっと話せるようになりたい」と思いました。

 

■『センター対策 過去問演習講座』はどうだった?

英語はもちろん、他の科目の対策で思っていた以上に役立ちました。特に世界史を受けて、「こんなにできないのか」と思い、勉強のきっかけにもなりました。

 

■大学でしたいことは?

国際関係学科に進むので、留学は絶対したいです。津田塾を目指した理由も、難民問題に関心があるからです。在学中に、何らかの取り組みをしたいと考えています。

 

 

■将来はどんな自分になっていたい?

具体的な職業はまだ決めていませんが、難民問題の解決に関わる仕事をしたいです。

 

■担任(馬見塚)からのコメント

合格、本当におめでとうございます!インターハイに出場するくらいハードな部活の合間を縫って、受験勉強もしっかりやってくれていましたね。合格の知らせを受けて、私も本当に嬉しいです。知優さんは将来やりたいことがはっきりしています。「これをやろう!」と考えた時、そこには多くの人が関わっています。大学で知識を深めると同時に、自分の道を叶えるために、自分に合ったお仕事を探してください。大学入学後が本当の意味でのスタートなので、その強い志を持って、多くのことを学んでください!

 


 

過去の記事

カテゴリ