過去問演習講座の取り組み方ー生徒インタビュー4ー | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2019年 11月 27日 過去問演習講座の取り組み方ー生徒インタビュー4ー

過去問演習講座に取り組んでいる生徒に、進め方やコツを聞いてみました!

今回は『過去問演習講座センター対策』の演習10年分、90回分をやり切った生徒に話を聞いてみました。前回(こちら)のブログもぜひ見てみてくださいね。

 

熊本大学志望のSさん

講座:過去問演習講座 センター対策

科目:英語、リスニング、国語、数学ⅠA、数学ⅡB、日本史B、現代社会、生物基礎、地学基礎

 

1.過去問を進める際のコツ

『こつこつ地道に進めていくことが自分の力になると言い聞かせる』

過去問90回分というのは、先が遠いです。今井先生のお言葉を参考に、過去問演習講座の進捗を1円玉貯金で管理していました。

✓過去問演習1年分→5円

✓復習まで終わったら→+5円

目に見える進捗がやる気に変わったので、良い方法だったと思います。

 

2.過去問演習の計画

『効果的な学習計画を立てる』

8月~11月の4ヶ月間で完了させました。

1ヶ月で終わらせようとしていた時期は力技で、とりあえず進めるスタイルでした。それから、上手く成績を伸ばすため、演習計画を立て直しました。

過去問をやることで、「時間配分が刻まれる」「10年分やりきったという自信、乗り越える自信」がつきました。

 

3.過去問の復習方法について

①数学

✓分からなかった部分は、解説授業で復習した

 ②英語

✓長文は単語だけ復習した

✓文法・アクセント問題は自分でノートにまとめた

✓模試の前に見返した

 

 

「過去問演習講座を通じて、計画を立てる能力が上がったと感じている」と話してくれました。大学進学後にも必要な(重要となる)習慣です!みなさんも、計画をたてて学習を続け、志望校合格につなげましょう!

 

 

過去の記事

カテゴリ