過去問演習講座の取り組み方-生徒インタビュー2- | 東進ハイスクール在宅受講コース

ブログ

2019年 11月 13日 過去問演習講座の取り組み方-生徒インタビュー2-

前回(こちら)に続き、過去問演習講座を10年分やり切った生徒に、進め方やコツを聞いてみました!

今回は科目ごとの具体的な解き方を教えもらいました。受験生のみなさんは、ぜひ今後の参考にしてみてください。

 

神戸大志望のKさん

講座:神戸大学の過去問演習講座

教科:英語、国語、数学

 

①5年分を終わらせるコツ

”今週は2年分やる”と決めたら、その日に今日は英語の気分、国語の気分と決めて実施しました。

 

②どのくらいの期間で完了した?

学校のテスト期間もありましたが、3~4週間で5年分を終わらせました。

 

③過去問演習の計画を立てる際に意識したこと

担当の先生との約束があったので、計画に沿って進めることができました。

 

④復習方法、工夫したポイント

間違えた問題をどのように消化し、次に繋げるかを意識していました。

 

数学

✓解説授業を見て一緒に解いてみる

✓間違えた問題は教科書に戻って単元を復習する

✓教科書の問題を解く

 

英語

✓分からない単語を集めたノートをつくる

✓訳と照らし合わせて文章を再読する

✓数日後に自分だけで読めるかを確認する

ここでできなければ最初から一連の流れを繰り返す

 

現代文

✓実際に解く段階でキーワードに線を引く

✓解説授業を受ける時、自分で引いた線と先生が引いた線が一致しているか確認する

 

過去問は、解くだけでも時間がかかります。それに加えて、不正解の問題の解法を理解し、自分で再現できるようになる必要があります。Kさんは全ての教科で「復習後、またその問題を確実に解けるか」確認することを徹底していたようです。受験までに過去問演習講座を3周して、完全答案を目指してください。

過去の記事

カテゴリ